団体での「留学スタディツアー」ではありません

日本の空港で各地から集まって海外に出掛けるような、飛行機代込みの「夏休み留学スタディツアー」形式の留学プログラムは、同じ日本人メンバーとばかりの英語レッスンやアクティビティに偏ってしまいがちですので、EIGOmate AUSでは取りまとめておりません。

英語教室など企画されるスタディツアーについては、「語学レッスン&ホームステイプログラム」を提案させていただきますのでご相談ください。なお、航空券や渡航ビザは別途お客様でご用意いただいております。

夏休みや春休みのオーストラリアは、ジュニア留学の受入先が限られていることから、留学スタディツアーでなくても日本からの留学生が多い時期です。日本人同士での海外での交流も楽しいですが、日本語に頼ってしまわないように、ジュニア留学生のみなさんが少しでも個人留学を通して「自立心」を養い、なるべく多くの他国からの留学生とも交流ができればと願っています。

単身ジュニア留学を検討されている保護者さまへ

オーストラリアには6才からのジュニア単身留学を受け入れている語学学校がありますが、安全面を優先してプログラムが組まれています。お子様の空港送迎はもちろん、学校~ホームステイ間の送迎サービスもプログラムに含まれていますので、お子様が現地で1人になることはありません。独立心旺盛なお子様であれば、海外ひとり旅チャレンジでの達成感は大きいでしょう。

但し、大学生や大人になってからの留学でさえ、家族から離れた言葉の違う国での生活ではかなりのストレスを抱えてしまうものです。ジュニア世代で精神的に自立しているという場合も大人とは比較になりませんので、ご相談をいただいた場合、英語力や英語環境での経験、お子様1人での遠い親戚宅へのお泊まりや地域キャンプ経験、知らないお友達との交流の状況、性格や身の回りの整理整頓、自立心の状態などを踏まえ、さらには「お子様自身の単身留学へ向けての強い意志」も確認させていただいた上で学校に受入相談を致します。

さらに、出発前には保護者さまとお子様が一緒になってホームシックを乗り越えるための心の準備をしていただくよう、ご家庭でのしっかりしたサポートをお願いしております。

連絡ツールとしてLINEでコミュニケーションを取られているご家族も多いですが、留学が始まってから現地のお子様の様子が心配で頻繁にお子様やホストファミリーに連絡される保護者さまもいらっしゃいます。まずは「お子様がオーストラリア環境に馴染むこと」が先決ですので、到着時の連絡以降は、なるべく保護者さまからの連絡を控えていただいております。もし、「連絡ができないかもしれない」と考えて心配が募られるようでしたら、お子様にとっても保護者さまにとってもまだまだ時期尚早ということかもしれません。

お子様自身の現地での反応は予想できないことも多いため、日本では単身キャンプ参加など問題のないお子様でも、現地にうまく溶け込めないケースもございます。学校スタッフやホストファミリーは最大限の努力は致しますが、お子様をそれまで育てられてきた保護者さまとはアプローチ方法も関わり方も異なります。

あまりに無理なチャレンジは、その後のお子様のメンタル面に大きな影響が及ぶ可能性もありますので、お子様の性格や経験、成長に合わせた「無理のない留学計画」を親子で一緒にじっくり検討いただきますようお願い致します。

小学生留学・小学校・イマージョン・子ども留学・単身留学・ジュニア留学

子ども達が自分を見つめる時間

普段は自宅や学校で守られている子ども達が、親元を離れてひとりで海外へ行くということは、考えれば考えるほどとてつもない大きなチャレンジです。オーストラリアという文化や環境の違うところに滞在し、日常とは異なる生活を送ることは、たとえ数週間であっても違いの大きさに驚き、今までの日常を振り返る機会になるものです。視野もぐんと広がりますし、今まで無理だと思ったことがすんなりできるかもしれませんし、逆に自分のことを振り返り、大いに悩んでしまうこともあるかもしれません。

「オーストラリアに行ったら必ずこうなる」とは言えないのが留学ですが、ジュニア留学生たちはそれぞれの可能性の扉を開いて、短期でも長期でも、自分なりにいろいろなことを感じ考えている様子が伝わってきます。小学生・中学生・高校生の多感な時期だからこそ、「楽しかった!」という一言では言い尽くせないそれぞれの想いが詰まった感想をたくさんいただいています。

小学生からのジュニア留学サポートに10年以上携わっている中、多くのご相談で感じるのは、保護者さまそれぞれの愛情の深さとお子様たちを羽ばたかせるに際しての葛藤かもしれません。

教育現場でよく耳にする「子育て四訓」は、お子様たちの成長に真剣に向かい合っていらっしゃる保護者さまとのやり取りでよく感じられることです。「オーストラリアへ子供ひとりで留学させる」という決心はとても大きなものだと思いますし、保護者さま達はお子様たちが広い社会の中で成長していく可能性や大切さ感じて、少しずつ手を離していかれる過程にいらっしゃるのだと感じます。EIGOmate AUSジュニア留学サポートでは、そんな保護者さまのお気持ちに寄り添えるようなジュニア留学のお手伝いを目指しています。

子育て四訓

一、乳児はしっかり肌を離すな。
一、幼児は肌を離せ、手を離すな。
一、少年は手を離せ、目を離すな。
一、青年は目を離せ、心を離すな。

航空会社の「お子様ひとり旅 (UM) サポートサービス」

日本からオーストラリアへ就航している航空会社では、アナカン(Unaccompanied Minor~UMサービス)と呼ばれる「お子様旅サポートサービス」が提供されているため、ジュニア単身で海外留学をすることが可能です。

航空会社のお子様ひとり旅サポートサポート(UM)サービスは、「格安航空券やLCCでは使えない」「大人料金になる」など、それぞれの会社で異なります。

UMサービスを持つ航空会社では、スタッフが日本の空港と現地での入国・出国手続きを含めて、出迎えスタッフとの子供さんの引き渡しを責任を持ってお世話してくれます。但し、日本での保護者情報と、現地での学校担当者やホストファミリーなどの出迎え人情報の事前の登録が原則ですので、なるべく時間の余裕をもってお申込ください。

オーストラリア留学の場合、カンタス航空、JAL、ANA、シンガポール航空などがジュニア留学にはよく利用されています。

一部の航空会社では、出迎えスタッフの登録締切がかなり早めに設定されているようですが、オーストラリアの学校の出迎えスタッフの決定が1〜2週間前になることもあります。出迎え人登録の最終締切がいつになるのかも、チケット購入時に必ずご確認ください。

「お子様ひとり旅の航空チケット」は、航空会社サイトからのネット申込ができない場合が多いため、必ず早めに航空会社や旅行会社へお電話でご確認ください。

【カンタス航空】

《直行便〜日本から4路線》

  • 羽田 ⇔ シドニー  毎日運航
  • 成田 ⇔ ブリスベン 毎日運航
  • 成田 ⇔ メルボルン 毎日運航
  • 関空 ⇔ シドニー  週4便
  • 札幌 ⇔ シドニー  週3便運航予定(2019/12/16〜2020/03/28)

《経由便》

  • 経由便を利用して、ケアンズ、アデレード、パース、タスマニアなどの各都市へ渡航可能(乗継時のUMサービス対応可能)
  • 6才~ 11才まではUMサービス申込が必須
  • 12才~15才は、親の要望によりUMサービスを付けられる
  • UMサービス申込締切が早い場合があるため、注意が必要(時間の余裕を持ってお申込)
  • カンタス航空のLCCジェットスター航空は、どの路線もUMサービスが提供されておらず、11歳までの小学生の単身での搭乗は許可されていない。

【日本航空 JAL】

  • TEL: 03-5460-0511(東京)、06-6344-2365(大阪)その他は日本航空HPでご確認ください。
  • 成田 ⇔ シドニー   毎日運航
  • 成田 ⇔ メルボルン  *夜中メルボルン到着のため、お子様ひとり旅には不適格
  • 就航フライトの確認

【全日空 ANA】

  • TEL: 0570-029-333、03-6741-6685(東京)、06-7637-6675(大阪)
  • 羽田 ⇔ シドニー 毎日運航(就航フライトの確認
  • 成田 ⇔ パース  2019年9月1日より毎日就航(就航フライトの確認
  • 5歳〜11歳のジュニア・パイロットだけでなく、12〜16歳のひとり旅サポート可能

【シンガポール航空】

  • TEL : 03-3213-3431
  • 直行便はないが、シンガポールで乗換の際もアシストが付く
  • シンガポールでの乗換の際、待ち時間がかなりあるため注意
  • シンガポール(チャンギ)空港内には、UMサービスで預かったお子様に待機いただく部屋が準備されており、職員が付き添っている
  • 成田、中部国際、関空、福岡から出発
  • アデレード、ブリスベン、メルボルン、パース、シドニーの各都市行き
  • Eクラスの航空券(Flexタイプ)を購入の場合にサービスが受けられる(格安航空券の場合はサービスが受けられない場合が多いため、航空券予約時に必ず確認が必要。)
  • 7才~17才はサービス申込が必須
  • UMサービスの締め切り日が遅いため、現地引受人の決定に時間がかかる学校への対応もできる

【アシアナ航空のアナカン(UM)サービス】

  • TEL : 03-5812-6600
  • シドニー直行便はないが、ソウル乗換の際もアシストが付く
  • 5才~11才は必須(大人料金の航空券であれば、格安航空券でも可能。)
  • 12才~16才は1区間US$60を支払えば、サポートが受けられる

最新の詳しい状況については、航空会社もしくは最寄りの旅行代理店に直接お尋ねください。

AUSジュニア留学相談受付中!050-5875-9622【TEL相談:平日11〜18時】 休業:土日祝盆・年末年始
            

ジュニア留学相談はコチラ オーストラリア留学のご相談はお気軽に!